FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

被災の「海の市」復活=宮城県気仙沼市〔地域〕
 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の観光施設「海の市」が、本格的に営業を再開した。鮮魚店やみやげ物店などが入る同施設には、震災前は年間100万人が訪れていたが、津波で被災し営業を休止。建物を改修して復活した。
 1階には、鮮魚店やみやげ物店など物販店舗と、すし店など飲食店舗の計12店舗が入った。2階は、被災状況やサメの生態などが展示された「気仙沼シャークミュージアム」。市の観光サービスセンターも置かれた。
 グランドオープンのセレモニーで、運営する第三セクター「気仙沼産業センター」の清水敏也社長は「人とグルメ、ショッピングをつなげる役割が海の市だ。気仙沼から各地に復興の希望を伝えていきたい」とあいさつ。同市の菅原茂市長は「復活が待ち遠しかった人も多いと思う。一緒に楽しんで、気仙沼の観光復活に懸けていきたい」と訴えた。
 オープン当日に来場し、鮮魚店で買い物をした市内の主婦(70)は「気仙沼の海産物をたくさん買ったので、いろんな人に送ろうと思う」と笑顔で話した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140724-00000041-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/07 08:52)
気仙沼市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]
ケノーベル エージェント 2014/08/07/Thu 08:52
Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.