FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

幼虫に野菜たべられ買いに行く
庭に黄揚羽蝶が何匹もやってきて、ひらひらと舞っています。
大型の蝶々は、綺麗さに見応えがあります。
どうしてそんなに何匹もやってくるかというと、卵を産み付けるためです。

揚羽蝶の幼虫の餌になるのは、柑橘類(みかん・きんかん・からたち)や山椒の葉っぱということに相場が決まっているのですが、どうゆうわけかそれらには卵を産み付けません。

プランターで育てているハーブ類に産み付けます。そんなに沢山作っているわけではないので、たちまちそれらは丸坊主になります。
手で駆除したり殺虫剤を撒くなどということはしませんので、懲りずに種の播き直しを繰り返します。
人間様の口には、一体いつになったら入れることができるやら・・・
kiageha-youchuu1175swb.jpg

kiageha-youchuu130702wb.jpg

イタリアンパセリ・フェンネル・三つ葉・人参・アシタバ・セリ等匂いが強い葉が揚羽蝶に、
ルッコラ・小松菜・アブラナ等は紋白蝶の餌食となっています。
スミレの葉っぱは、ツマグロヒョウモンが食べてしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.