FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ホリエモンとの食事券10万円は高い? ネット時代に高まる「人と会う」価値
 ホリエモンこと堀江貴文氏と10万円で一緒に食事ができるという企画が話題になっています。著名人との10万円の食事券は高い買い物なのでしょうか?

 ホリエモンは、自身がプロデュースするグルメアプリ「TERIYAKI」において、10万円を払えば彼と食事ができるという10名限定の食事会を企画しています。実はこの食事会は4月からすでに2回開催されていて、いずれも告知とほぼ同時に完売となり、6月開催分もチケットはすぐに売り切れてしまったそうです。

 海外ではこうした著名人との会食チケットは珍しくありません。もっとも有名なのは、米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏とランチを食べられるという企画で、通称「バフェットランチ」と呼ばれています。オークション形式での販売で、2013年は100万ドル(約1億円)の値段が付いています。2012年には350万ドルで落札されています。

 米国の著名政治家も同じような形式での超高額パーティをよく開催しています。オバマ大統領と会える小規模な夕食会の相場は数百万円といわれていますから、バフェット氏に比べればかなりお得といえるでしょう。

 普通の人がホリエモンのような人物から話を聞けるチャンスはそうそうありません。10万円で直接、話を聞く機会が得られるのであれば、それは一部の人にとっては非常に安い買い物といえるかもしれません。

 ネットが普及してきたことで、直接人に会うことの相対的な価値は高まっています。これはあらゆる業界に共通の現象かもしれません。

 CDやダウンロードによる印税で生活を成り立たせることができるアーティストはもはや少数派となっています。リスナーは、彼等が作った音楽にはお金は払いませんが、ライブや握手会など、直接触れ合うことができる機会に対しては大金を支払います。

 かつて「メモリーグラス」という曲でヒットを飛ばした歌手の堀江淳さんは、小規模なライブと食事会をセットにした企画を長年地道に続けていました。絶頂期のような大人数を動員することはできなくても、根強いファンが支えてくれたわけです。書籍の市場は年々縮小する一方ですが、セミナーなど著者と直接対話できるビジネスは活況を呈しています。

 直接触れ合う形式のビジネスには、AKB48事件のようなリスクも伴います。しかし、コンテンツが相対的に安価になっている現状を考えると、こうしたサービスは今後さらに拡大してくる可能性が高いと考えてよいでしょう。

(The Capital Tribune Japan)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00000001-wordleaf-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.