FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

推参(すいさん)

 飯盒炊爨(ハンゴウスイサン=なんとも古いネ)というかバーベキューを、山間の綺麗な川辺でやっているパーティーを沢山見かけました。

 宴が済んで日が暮れて・・・、人の去った河原に降り立つと、そこは見るも無残なゴミの山でした。

 甚だしきは、近くに祀られている山の神様の前に、わざわざ大きなゴミ袋に詰めて放置して憚らぬやからがいたこと。このバチあたり共めが!(尤も、神様はバチをあてないとも聞くけれど。)

 

 案内も許しも乞わずに行くこと、現代風に言えばアポなしで行くのを推参といいます。

 ご存知織田信長さんが、本能寺の欄干に片足をかけながら槍をしごき、「下郎推参なり!」と敵兵を突き伏せるときのセリフ。

 まあ、誰が見ていなくったって、「四知(天知る・地知る・我知る・貴方が知る)」ってこともあるんだから、自らを恥じないように行いを律したほうが気持ちも安らけくあらむものをネ。

 これは、お掃除の前段階の汚さないというお話しです。

 

小説 「夏風越の(なつかざこしの)」 

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進む。

http://aa3take.web.fc2.com/syortstory1.html

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.