旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

三猿(さんえん)
 割れた眼鏡は見えんから3円だという古道具屋の話しでもありませんし、三河遠江の三遠という地理歴史の話しでもありません。
 馬に因んだお話しです。
 日光東照宮の神馬をつなぐ神厩舎の長押(なげし)は、皆様ご存じのミザル・イワザル・キカザルの三猿が彫られてあることで有名でございます。
 で、なんで猿なのかっていうと、馬の守り神は猿ということになっているからなんだそうです。
 午年の皆様、申年の人を大切にするときっとよいことがありますぜ。
 ところで、日本では三エンということになっていますが、他国では四エンとなっているようです。水で薄めた酒で酔えんから4円なんてことではござりませぬ。
 論語に曰く、非礼勿視 勿聴 勿言 勿動(礼にあらざるものをみるなかれ きくなかれ いうなかれ おこなうなかれ)なんてのがあるから、それが影響しているのか結構多くの国に猿の彫り物や置物があるらしい。
 さるものは ひびにうとし・・・なに?意味が違うって?
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.