FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

間違いやすいが食べられない
イヌサフランを行者ニンニクと間違えて食べたというニュースがありました。
ちょっと注意すれば間違えようもないと思うのですが・・・

イヌサフランは、9月頃、地中から長い花筒を出してピンクの花を咲かせます。花が美しく、コルチカムの名で観賞用に庭先などでも栽培されます。
inusafuran.jpg

植物全体、特に球根(鱗茎)や種子に、アルカロイドのコルヒチンを含有しており、誤食すると嘔吐、下痢、呼吸麻痺などの中毒症状が起き、甚だしい場合は死に至ります。
薬用として、コルヒチン(痛風の鑑別薬)の製造原料となります。

イヌサフランを行者ニンニクと間違えて食べ、死んだというニュースがあったばかりですが、春先の山菜狩りで、葉っぱが似ていることからギョウジャニンニクと間違いやすい物には、スズラン・バイケイソウ等がありますが、いずれも猛毒です。
ギョウジャニンニクの芽生えには特有のニンニク臭がありますから、触ってみればすぐわかります。イヌサフラン等の芽生えには、ニンニク臭はありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更年期が辛い方におすすめのサプリメント


内側から生まれ変わる…実感、─5歳肌!



【スッキリ炭べえ】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.