FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

旅行先で目にするガルーダ
東南アジアを旅行すると、よく目にする鳥頭の神様「ガルーダ」。

わが国に渡ってきた6人の神様のうちの一つだといわれます。
ガルーダというのは、インド神話上の巨鳥で、ビシュヌ神が乗る乗り物であるということと、仏教において毒蛇は雨風を起こす悪龍とされていることから、それら煩悩の象徴とされる毒蛇を常食としているガルーダは、毒蛇から人を守り、衆生の煩悩(三毒)を 喰らう神様だとして信仰されているのだとガイドさんから説明を受けます。

わが国で蛇を常食すると言われるのは金翅鳥(こんじちょう)と呼ばれています。
ガルーダと言われると気が付かないでいたけれど、日本では「迦楼羅天(カルラテン)」とか「迦楼羅神(カルラシン)」の像が有るのを見ていたのだから、それがガルーダと同じものなのだと気づくべきなのでした。

密教では、迦楼羅を本尊とした修法で降魔、病除の修法があるともききます。
雨を降らしたり、大雨を止めたり、家内安全等の修法をするときには、害をもたらす一切の悪を食いつくし、人々に利益を与えるというこの神をまつるのだといいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傍から見て、さして一所懸命ではなさそうに見えるのに、やることなすこと巧くいってしまう人というのが確かに居ます。
努力は大事ですが、物事が成功するとき、自分の力だけではないものが働いていることを否定できる人はいないと思います。いわゆる運といわれるものの加護のことです。

自分は才能・能力をもっていて努力も人一倍して頑張っているのに、いまいち正当な成果が得られていないと思っているとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
自分一人だけではなんともならないものが現にあるのに気付かないか、気づいてもそのように動かないからではないでしょうか。


なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血糖値が気になる方に!天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」


プロポリス・ローヤルゼリーはちみつ専門店


吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】


★TV通販で1時間に1000台を完売!痛くない脱毛器デピタイム♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。
「夏風越の(なつかざこしの)」


私が書いた童話 (購読無料)
「恩を返せなかった猫」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.